市場調査の豆知識

市場調査の方法についての情報が満載です!

適正価格を導き出す市場調査「価格調査」

適正価格を導き出す市場調査「価格調査」 価格を決める際に重要なのが適正価格を設定する市場調査です。
もし高すぎれば売れず在庫を抱えることになります。
逆に低すぎれば利益をひっ迫するため商品自体を見直す必要が出てきます。
このような調査は、「購入に最低必要な金額」「これ以上は購入に支払えない最高金額」「購入するのに妥当な金額」「理想とする金額」の4つの軸から算定するPMS分析がよく採用されます。
商品を購入する際に、安ければ買うというものではありません。
まったく同じ商品で同じ価値だということが分かればより妥当なものを選びますが、仮に1カラットのダイヤモンドの指輪が1万円で売られていたとしたらどうでしょう。
仮に鑑定書があったとしても、鑑定書含めて偽物ではないかと疑いますよね。
商品には一定の価値があることを消費者が認識している証拠です。
このため消費者にとってその商品がどれくらい妥当なのか、いくらくらいだと金額として理想といったように商品の価値について把握することも市場調査においては重要になってきます。

外部に市場調査を依頼する場合の相場とは?

外部に市場調査を依頼する場合の相場とは? 市場調査は、市場や顧客のニーズを調べるために非常に有用な調査です。
調査の結果から、市場の動向やトレンド、自社の商品やサービスの認知度・顧客のニーズなどを把握できるため、新商品開発やプロモーション方法の検討・販売予測などに活用することができます。
市場調査にも色々な方法がありますが、自社で調査するのが難しい場合や労力を削減したい場合などは、外部の業者への委託を検討する場合もあるでしょう。
そのような場合に気になるのが調査費用の相場です。
市場調査は、その調査方法も実にさまざまなので手法によっても相場は大きく変動します。
例えば、回答者を比較的集めやすいインターネット調査であればサンプル数によっても異なりますが、500サンプルで5万円から50万円ほどで調査できるでしょう。
一方インターネット調査よりも手のかかる電話調査では150サンプルで50万円前後で調査することができます。
調査員が自宅を訪問して調査する訪問調査では、より費用は高くなり、100サンプルで220万円程度必要です。
基本的には、調査の手間がかかればかかるほど、1サンプルあたりの費用は高くなっていきます。
費用は業者によっても差があるので、業者に見積もりを請求してみるのもおすすめです。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>